施術への一番の近道

模型と鍼灸師

鍼灸師の技術を学びたい場合に、まず行わなければいけないのは学校に通って資格を取得することです。もしかすると、技術力のある鍼灸師を知っていて、その方に教わろうとしているかもしれません。しかし、鍼と灸の施術をするためには、資格がなければいけないので、誰かから学べたとしても実践することはできないです。それではまともな活動はできないため、師匠にしたい方がいたとしても、まずは学校に通うことを考えましょう。学校に通えば鍼と灸を使いこなすための技術と知識をしっかりと教えてくれるので、卒業する頃には一通りの施術が行えるようになっています。あとは師匠に教わるなり働き始めるなり、自身の好きなように鍼灸師の道を歩めます。

最低でも三年間通う必要がある

鍼と本

鍼灸師になるための学校は、一年間や二年間などの短期コースは一切用意されていないので、どこを選んだとしても卒業までは最低三年間通わなければいけないようになっています。ただし、昼間学部だけではなく夜間学部も用意されているため、働きながら通うことは可能です。鍼灸師学校はそれなりに費用がかかるので、お金に不安がある場合は、夜間学部を選ぶのもよいでしょう。資格を取得するために必要なカリキュラムは夜間でもしっかりと組み込まれているため、卒業後に得られるものは昼間との差異はありません。なお、大学でも鍼灸師になれるところはありますが、そちらは卒業まで四年間かかってしまいます。

国家試験の勉強を教えてくれるところもある

鍼治療

学校に三年間以上通ってすべてのカリキュラムを修了し、やっと卒業したとしても、自動的に鍼灸師の資格を得られるわけではありません。なぜならば、人に施術するための知識をしっかりと身につけているのか確認するための、国家試験が卒業後に控えているからです。そちらをパスして初めて、鍼と灸を使った施術を行うための資格をゲットすることができます。もしも、学業に不安がある場合は、国家試験に合格するための勉強を教えてくれる学校に入学したほうがよいでしょう。国家試験を研究して、合格するための授業を行っている学校はたくさんあります。そちらなら、学業に不安があったとしてもみっちりと勉強を教えてもらえるため、卒業後の国家試験に合格できる確率がかなり高くなるでしょう。一年に一回だけ開催されるのが鍼灸師の試験なので、不合格になってしまい無駄な一年間を過ごしたくない方にも、国家試験対策がしっかりと行われている学校をおすすめします。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中