HOME>イチオシ情報>就職率や学費や通う機関を考えて選択することがとても重要

就職率をチェックすることが大切

治療

鍼灸師になる学校を選ぶ準備として、大切だと言えるのが就職率のチェックだと言えます。認可されている学校を選べば、どこに通ったとしても鍼灸師になるために必要なカリキュラムは教えてくれるため資格をゲットできます。しかし、その学んだことは、就職できなければ活かせない状態になってしまうので気をつけなければいけないのです。そのため、学校を選ぶときは、卒業生がきちんと就職できているのか、そのパーセンテージを調べるようにしましょう。学校案内に記載されていることが多いため、卒業後にきちんと働き始められるのかチェックするのは簡単です。もしも、調べてみても何もでてこないならば、就職率があまりよくないかもしれないので注意しましょう。

選んだところによってかなり学費が異なる

鍼治療

専門学校のほうに通いたいと考えるなら、学費は400万円から600万円用意しなければいけません。200万円もの差があるため、自身が用意できる学費によって鍼灸師の専門学校を選ぶのもよいでしょう。なお、専門学校でも奨学金を利用することは可能なので、お金に不安があるなら利用を考えたほうがよいです。奨学金にはいろいろな種類があるため、返済しやすいものを選ぶと将来困らないでしょう。

大学は4年間通わなければいけない

鍼灸院

大学で鍼灸師になりたいと考える場合は、4年間通うことになるので、3年間通う専門学校以上のお金がかかることを覚悟しなければいけません。短大なら2年通えば済むと思うかもしれませんが、鍼灸師のカリキュラムを終わらせるためには最低でも3年間必要になります。従って、2年しか通えない短大では絶対に鍼灸師になれないため、大学で資格をゲットするためにはどんなことがあっても学費が高い4年制に通わなければいけないのです。

広告募集中